loading

×

×

小売店・飲食店さん

Img 6573

米菓善哉屋。祖父の代から京都市であられ、おかきを作り続けています。なるべく近い場所で育った食材で米菓を作りたいと考え、少しずつ京都府産を中心とした食材で米菓を作っております。お塩は京丹後市「琴引の塩」、お醤油は澤井醤油本店さん、など。2019年から出展ベースで善哉の提供もはじめました。米菓は焼いた瞬間に生まれるお菓子だと思っていて、早く食べ切ってほしいので、賞味期限を米菓としては短い1ヶ月に設定しています。日本酒やワインのように、風土香る米菓を目指してます。

顧客

近隣の方、菓子問屋さん

探している農産物

お豆、お醤油、お米など

利用している物流方法