loading

×

×

生産者さん

Ico no image

野菜の棲家

亀岡市篠町

Ico no image
No image

カテゴリ:豆・ハーブ・その他野菜>モロヘイヤ

モロヘイヤ

  • 有機JAS
  • 特別栽培
  • 減農薬
  • 自家採種
  • 農薬•化学肥料不使用
生産量
販売価格の目安
出荷可能時期 7月~9月
生産量
販売価格/単位
出荷可能時期 7月~9月

説明


No image

カテゴリ:果菜類>きゅうり

きゅうり

  • 有機JAS
  • 特別栽培
  • 減農薬
  • 自家採種
  • 農薬•化学肥料不使用
生産量
販売価格の目安
出荷可能時期 通年
生産量
販売価格/単位
出荷可能時期 通年

説明


No image

カテゴリ:果菜類>ミニトマト

ミニトマト(レッドチェリー)

  • 有機JAS
  • 特別栽培
  • 減農薬
  • 自家採種
  • 農薬•化学肥料不使用
生産量 100g単位〜
販売価格の目安 100g180円
出荷可能時期 7月~9月
生産量 100g単位〜
販売価格/単位 100g180円
出荷可能時期 7月~9月

説明

野生種に近いイタリアの代表的なミニトマトで糖度が高く甘いのが特徴です。


No image

カテゴリ:根菜・土もの類>じゃがいも

じゃがいも(メークイン)

  • 有機JAS
  • 特別栽培
  • 減農薬
  • 自家採種
  • 農薬•化学肥料不使用
生産量
販売価格の目安
出荷可能時期 6月~8月
生産量
販売価格/単位
出荷可能時期 6月~8月

説明


No image

カテゴリ:根菜・土もの類>じゃがいも

じゃがいも(インカのめざめ)

  • 有機JAS
  • 特別栽培
  • 減農薬
  • 自家採種
  • 農薬•化学肥料不使用
生産量
販売価格の目安
出荷可能時期 6月~8月
生産量
販売価格/単位
出荷可能時期 6月~8月

説明


No image

カテゴリ:根菜・土もの類>じゃがいも

じゃがいも(ニシユタカ)

  • 有機JAS
  • 特別栽培
  • 減農薬
  • 自家採種
  • 農薬•化学肥料不使用
生産量
販売価格の目安
出荷可能時期 6月~8月
生産量
販売価格/単位
出荷可能時期 6月~8月

説明


No image

カテゴリ:根菜・土もの類>じゃがいも

じゃがいも(キタアカリ)

  • 有機JAS
  • 特別栽培
  • 減農薬
  • 自家採種
  • 農薬•化学肥料不使用
生産量
販売価格の目安
出荷可能時期 6月~8月
生産量
販売価格/単位
出荷可能時期 6月~8月

説明


No image

カテゴリ:豆・ハーブ・その他野菜>そらまめ

そらまめ

  • 有機JAS
  • 特別栽培
  • 減農薬
  • 自家採種
  • 農薬•化学肥料不使用
生産量
販売価格の目安
出荷可能時期 5月~6月
生産量
販売価格/単位
出荷可能時期 5月~6月

説明

栽培品種は、陵西一寸蚕豆です。3粒莢が多く、濃緑色で見栄え良く、豆は粉質で甘みがあり食味が良いのが特徴です。


取引時の注意点

基本的には3粒莢5本約250gですが、4粒莢、2粒莢もあります。

No image

カテゴリ:豆・ハーブ・その他野菜>えんどう

サヤエンドウ

  • 有機JAS
  • 特別栽培
  • 減農薬
  • 自家採種
  • 農薬•化学肥料不使用
生産量
販売価格の目安 10gあたり14円
出荷可能時期 5月~6月
生産量
販売価格/単位 10gあたり14円
出荷可能時期 5月~6月

説明

肥料は米ヌカのみです。4月末頃から6月中旬頃まで出荷になります。


取引時の注意点

規格は80gから200gくらいまで対応致します。

カテゴリ:根菜・土もの類>きくいも

きくいも

  • 有機JAS
  • 特別栽培
  • 減農薬
  • 自家採種
  • 農薬•化学肥料不使用
生産量 通常kg単位
販売価格の目安 kg1500円
出荷可能時期 11月~翌年2月
生産量 通常kg単位
販売価格/単位 kg1500円
出荷可能時期 11月~翌年2月

説明

東北の山菜業者から仕入れた種芋から育てた菊芋です。今年は自家採種した種芋を使用しています。京都亀岡の時代劇にも使われる奉行屋敷を料理屋にした「へき亭」でも使われている菊芋です。
栽培中無農薬・無肥料栽培です。

11月はヌーボー、1月、2月と月を進める事により、その土地の土の香りが付き滋味深くなります。


オーガニックエコ農業に取り組んでいる理由、背景、思い

様々な病気の原因の一つに化学農薬があると考えており、自分もアレルギー体質だが自分が子供の頃に比べてアレルギー体質の子供が増加している事などを考えると化学農薬を使った農業はやりたくない為。また、自然の原理を学ぶと化学農薬を使う必要がなくなる為。

希望するお取引の進め方など

消費者、生産者両方の事を考えてくれる方。
自然農や有機栽培に価値を感じてくれる方。

利用している物流方法

自社配送(京都市南部から国道171号線経由西宮市内、亀岡市から国道423号線、国道171号線経由西宮市内まで可能)