生産者さん

%e3%82%b5%e3%83%84%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%83%a2%e7%95%91 %e3%83%88%e3%83%aa%e3%83%9f%e3%83%b3%e3%82%b0

カテゴリ:根菜・土もの類>だいこん

だいこん

  • 有機JAS
  • 特別栽培
  • 減農薬
  • 自家採種
  • 農薬•化学肥料不使用
生産量 日量 30本
販売価格の目安 1本(1kg) 200円(税込)+送料
出荷可能時期 12月~翌年1月
生産量 日量 30本
販売価格/単位 1本(1kg) 200円(税込)+送料
出荷可能時期 12月~翌年1月

泰山寺野の広大な大地で育った大根です。
無農薬での栽培ですので多少虫食い跡もありますが、お料理される上では差し支えありません。根菜の栽培に最適なふわふわの「黒ボク土」で育った大根はみずみずしくてとてもおいしいです。
葉っぱも美味しく召し上がっていただけるので、葉付きでの出荷も賜っております。

オーガニックエコ農業に取り組んでいる理由、背景、思い

 私たちが畑を貸していただいている滋賀県高島市安曇川町(あどがわちょう)の泰山寺野(たいさんじの)は、戦後に開墾された開拓地で、野菜栽培に向いた「黒ボク土」に恵まれ、特に根菜類が美味しく育つと言われています。小高い山の上の台地となっており、このあたりでは珍しい、どこまでも野原が続く信州や北海道のような風景です。

 広大な農地で、かつてはたくさんの農家さんが野菜を栽培され、京都などに販売されていましたが、山の上の地域で雪が多いことなどもあり、過疎化、高齢化が著しく、畑はどんどん荒地となっています。また、高島市全域には、お米や野菜をつくられている農家さんがたくさんおられますが、農家さん自身も高齢化され、若い担い手の不足が大きな課題です。

 一方で高島市内の多くの障がい者さんが、毎日働いても月1万円に満たない低賃金で働かれている現状を偶然知りました。健常者と同様の仕事をしても、同じだけのお給料がもらえないのです。

 そんな中知った「農福連携」という取り組みは、「障がい者さんの活躍の場づくり」と「農業の担い手育成」を同時にしてしまおうというもので、私たちのビジョンにもとても親和性があり、チャレンジすることを決めました。

 あらゆる自然、あらゆる人の中に眠る可能性を押し広げ、お互いに関連し合うことで、里山にもう一度豊かな暮らしを取り戻したい。この事業がその第一歩となると考えています。

希望するお取引の進め方など

利用している物流方法