loading

×

×

よくある質問

farmOってどんな意味?

農場(Farm)とオーガニック(Organic)をつなげた言葉です。
いっしょにオーガニック・エコ農業の輪を広げていきましょう!

どんなものを扱っているの?

有機農業を中心に、環境負荷低減を重視した「オーガニック・エコ」なスタイルで栽培された農産物が取り扱われています。

有機JAS認証を受けたものから、認証は取得していないけれど農薬や化学肥料をつかっていないもの、農薬や化学肥料を減らした特別栽培農産物など、環境負荷を下げるさまざまな試みをしているものが広く登録されています。それぞれの栽培基準のものを絞って表示して探したり、近いエリアのものを探したりできます。きっと、希望にあった農産物や生産者さんが見つかるはずです。

これらの「オーガニック・エコ農業」は自然の循環機能や環境保全に貢献するだけでなく、 農業や地域の持続的で多様な発展・活性化など、いわゆる多面的な機能を発揮していくことが期待されています。

誰でも使えるの?

有機農業や環境保全型農業など環境負荷を抑えた「オーガニック・エコ農業」に取り組んでいる生産者さんであれば認証の有無にかかわらず利用できます。 認証を取得している方はその表示もできます。

買い手は小売店・飲食店・流通業者さんを対象としています。 ご登録には簡単な審査があります。

「ファーモひろば」はどなたでも利用可能です。

支払いはどうするの?

ファーモの受発注機能でかけ払いを利用すると、安全に取引することができます。 それ以外の場合のお支払いや物流に関しては、事業者さん同士で相談してください。

このサービスの利用料はあるの?

マッチング部分は無料です! 受発注機能での、決済や物流を利用する際には手数料が必要になる予定です。ずっと使っていただける、持続可能なサービスを目指しています。

気になる生産者さんがいて取引したい

生産者さんのページからメッセージを送ってみましょう。 自分がどんな事業をしているのか、なにが欲しいのかを説明できると、 生産者さんも安心してお返事できます。

加工品は販売できますか?

登録生産者の生産物をつかった加工食品(関係法規を遵守したもの)を販売できます。 登録生産者以外の人が作った生鮮食品や、登録生産者の生産物を全く使用していない加工食品は、販売できません。 また、品目によっては各都道府県の保健所等の許可証のコピーをご提出していただく場合があります。

農薬化学肥料不使用って?

有機JAS認証を受けていないものの、化学合成農薬や化学肥料をつかわずに栽培されているものです。 有機JASをとるための転換期間中であったり、費用や時間の都合で有機JASをとらない場合もあります。 詳細な栽培基準については生産者さんに確認してみてください。

流通の会社で売り先を探しているけど、買い手と生産者のどちらで登録すればいいの?

売り先をお探しの場合には、生産者さんとしてご登録ください!
仕入れ先も探されている場合には、 買い手さんとしてのアカウント登録もしていただき、 目的によって二つのアカウントを使い分けてください。

物流はどうすればいいの?

将来的には物流機能も提供したいのですが、 いまのところ、farmOでできるのはマッチングまでです。 その後のお支払いや物流に関しては、事業者さん同士で相談してください。

届いた野菜の状態が悪いのだけれど・・・

申し訳ありません。取引した方同士で解決してください。 トラブルがあった場合は運営にもご連絡いただけますと幸いです。
問い合わせ窓口

こんなふうにしたらもっといいのに!

事務局にご意見ください!いっしょにいいサービスをつくっていきましょう。
問い合わせ窓口

自治体等の職員で生産者さんにファーモを紹介したい!
ファーモで取引はしないけど、中をみるためのアカウントは登録できる?

自治体職員の方向けに、オブザーバーアカウントを発行しております。
オブザーバーアカウントでは、ファーモに登録されている生産者さんやバイヤーさんを見ることができます。
アカウントの登録には、ファーモ事務局までお問い合わせください。

お問い合わせはこちら→ 問い合わせ窓口

コーディネーターって?

コーディネーターさんは、リアルな現場で生産者さんや買い手さんをつなげたり、ファーモの使い方を案内したり、 それぞれの得意分野でオーガニック・エコ農業がもっと広がるように活動しています。
そして、事務局と連携してファーモがより使いやすくなるよう取り組んでいただいています。
コーディネーターさんたち

誰がやっているの?

次代の農と食を創る会(https://www.jidainokai.com/)というチームで運営しています。 オーガニック・エコ農業を推進する団体から有志が集まったチームです。 まだまだヨチヨチ歩きなので、気づいた点やアドバイスなど、どしどしいただけるとうれしいです!

受発注について

受発注機能ってなに?

ファーモ上で、お取引パートナーやグループ内の買い手と受注や発注の取引ができる機能です。少量多品目多頻度になりがちなオーガニックの受注・発注・変更・請求などのオペレーションを楽にすることで、本業に集中できる環境づくりを支援したいと考えています。

どんな商品を販売できるの?

ファーモでは農産物もしくは農産加工品のみを販売できます。商品の基準については、こちらをご参照ください。軽減税率対象の食品のみですので、お酒や農場見学のチケットや農機・資材などは取り扱えません(ご要望ございましたら事務局までご連絡ください)。送料につきましては、お手数をおかけしますが税込でご記入くださいますようお願いいたします。

取引パートナーってなに?

お取引相手の総称です。 日々の細かな受注や発注のやりとり、納品書の作成や請求書の付け合せ等、 お互いの取引がスムーズになります。パートナーになりたい相手のページをみて、取引パートナー申請をすると、相手にお知らせメールが届きます。承認されれば、受発注機能を使って商品の取引ができます。

注文表はだれに見られるの?

注文表は、お取引パートナーか同じグループに所属しているメンバーしか閲覧できず、注文できません。 注文表とは別に、価格や量が載っていない品目は「さがす」からファーモ登録者が閲覧することができます。

取引パートナーって?

取引パートナーになると、注文表をみせたり、注文することができます。 パートナーになりたい相手のページをみて、取引パートナー申請をする、ボタンを押すと、相手にお知らせのメールが届きます。

グループってなに?

グループに参加すると、それぞれ参加者同士で取引パートナーにならなくても注文表を閲覧することができます。 また、グループごとに物流方法を設定することができます。物流方法ごとに、メールアドレスを設定することができ、お届け日ごとに、その物流方法をつかう注文を集計した集荷メールを送ることができるので、共同物流などで便利に使えます(共同物流でファーモを使いたい場合、ぜひ事務局にご連絡ください。導入のサポートなど実施します)

物流方法ってなに?

参加者やグループごとに物流方法を設定しておくと、注文に物流方法を設定することができ、曜日ごとに使えるかどうかを設定することができます。 その注文の生産者と買い手、曜日の組み合わせで使える物流方法の候補が一つだけの場合、自動で物流方法が設定されます。

注文表の「総数」「残数」ってなに?

ファーモでは、生産者が、日ごとに出荷可能量を設定した商品のみを発注することができます。 その出荷可能量が総数でほかの買い手がすでに注文している分を差し引いた数字が残数です。 残数を確認しながら発注することで欠品になるリスクをお互いに避けることができ、効率よい受発注ができることを狙っています。

上限設定ってなに?

上限設定がオンになっている品目は、注文表から設定した出荷可能量を超えての発注ができなくなります。 注文表にて、品目ごとに上限設定をオンにすることができます。 出荷可能量を超えての発注を許可する場合はオフにしてください。

数量の変更はいつまでできる?

買い手は、生産者が設定した受注の締め切り日時まで数量の変更を自由にすることができ、その都度、生産者に通知メールが届きます。それ以降は生産者に直接、変更を依頼してください。 生産者は、欠品や注文数量のマイナス(赤伝処理)などによる変更を、注文が確定するお届け日の翌月5日まで実施することができます。理由などを事前に伝えるか、メッセージ欄に記入して、お互いに認識が合うようにご注意ください。

締めってなに?

各注文はお届け日の翌月5日に確定されます。それ以降に変更が必要な場合はファーモ事務局までお問い合わせください。

注文をうけつけていた野菜がなくなった

注文編集ページにて、数量変更、あるいはキャンセルすることができ、相手に通知メールが届きます。 直前の注文などでは、電話などで確認しておくことをお勧めします。

決済はどうするの?

2019/8から、かけ払いの導入がはじまりました。使い方はこちらをご参照ください。→ かけ払いについて

かけ払いを利用しない場合は事業者さん同士でご相談ください。

出荷をお休みしたい時どうするの?

注文表の出荷可能曜日のチェックを外すと、その曜日はグレー表示されて買い手から発注できなくなります。

毎回、納品書が手書きで手間です。

ファーモで納品書の作成が可能です。受注明細のPDF出力から、納品書を印刷したり、データ送付用のPDF化が簡単にできます。

毎月の請求書の発行と取引先との付け合わせが大変です。

受注一覧(月締め)から、お取引毎の売上や明細を確認できます。確認・訂正を行った後、PDF出力で、振込先が記入された請求書を発行できます。

その他の質問や改善提案などございましたら「ご相談・お問い合わせ」からご連絡ください。