loading

生産者さま

あじわう京南丹

京都府南丹市

プロフィール

あじわう京南丹さんの取り組み

【目指すこと・考えていること・模索していること・これから取り組むこと】

「心身にうれしい農産物を日常食に」
食卓に出したくなる、料理したくなる、食べたくなるモノを。栽培技術で美味しいを。省コストな栽培と流通で買いやすいを。

「持続可能な方法を模索」
特定の資材に依存しない。今ある資材が失われても代替できる技術や資材を見繕っておく。変化し続ける状況に継続対応できる方法を模索したい。

「栽培方法」
基本は有機JASに近似した栽培方法を採用。ただし、資源を有効活用するため有機JAS認証は取得しない(環境、健康、持続可能性、経営の観点でバランスのとれた有益資材であれば、有機JAS認証で使用できないモノを活用する)

「産業ゴミを減らしたい」
○ポリマルチを減らす
現代農業の傾向として、品質の良い有機農産物・農薬なし農産物を効率よく生産するためには、ポリマルチ栽培(ゴミが出る)が欠かせない事情がある。

2022年より、ポリマルチ使用(ゴミが出る)をやめて→生分解性マルチ(ゴミが出ない)に変更。マルチ無し栽培法も模索中。

(生分解性マルチは、土中でほぼ全てが「水と二酸化炭素」に分解されるが、有機JAS認証を取得できない資材。

有機JAS認証できない理由は「原料や製造工程(製品によってそれぞれ異なる)」が自然由来100%ではないため、です。

○ポリ栽培資材を減らす
「ひもネット(誘引)」「トンネル不織布や被覆ネット(保温、防虫)」など使い捨て資材を減らし、繰り返し使用できるモノの割合を増やすべく模索中。

ポリ素材の支柱(壊れやすい)
→金属のみ支柱(壊れにくい)

これら資材の使用が少なくなる・使用ゼロになる栽培方法または品目を模索中。

○ポリ出荷資材を減らしたい
出荷物の袋パック(ポリごみ)については、どうしても使用をやめられない事情(主に流通・売場での品質維持・廃棄ロス減や商品の見映えのため)があるが、ポリ減やゴミ減について学びながら試行したい。興味ある方、情報交換しましょう!

オーガニックエコ農業に取り組んでいる理由、背景、思い

心身に嬉しい食を。自分が食べたいと思えるモノを。人に勧めたいと思えるモノを。自ら誇りに思える仕事を。次世代に残したいと思える仕事を。
方法、知識、情報、仲間、模索中です!

どんな買い手さまと出会いたいですか?
・小売
・卸売
・飲食店
・その他
希望するお取引の進め方など

応相談。遠慮なくご連絡ください(^^)

利用している物流方法

近隣への自車配達。KOA便。既存の運送便発送なし。

作物一覧

カテゴリ:果菜類> おくら

丸オクラ

  • 有機JAS
  • 特別栽培
  • 自家採種
  • 農薬•化学肥料不使用
出荷可能時期 7月~10月

説明

品種「VSOP」F1丸オクラ / 濃緑色 / 表皮の変色劣化が少ないタイプと思われます / 生分解性マルチ栽培