ひろば

1

カボチャの分類について

そろそろ冬至でかぼちゃ需要も高まるにもかかわらず、もう追熟しているカボチャもほぼないころですが、かぼちゃについて質問です。

かぼちゃの分類では、西洋種と東洋種(あるいは日本かぼちゃ)、ペポかぼちゃがあるとずっとされて流通されています。
おおむね、ほくほくする粉質系の西洋種か、ねっとりした粘質系の東洋種に分類できるので調理の仕方を考えるための分類としてはよいなー、と思いますが、ここ数年でいっきに普及してきたバターナッツかぼちゃはカタカナな名前とは裏腹にじつは東洋種だよ、だったり和な名前で伝統野菜でもあるすくなかぼちゃは粉質系だったりとややこしく、混同しやすいなー、と思っています。

そこで質問です。
1.ここの分類をいいふうにするにはどうするとわかりやすい、と思いますか?(粉質系・粘質系だと固すぎるかな・・・)

2.この粉質系か粘質系かを外見で区別するにはどうしたらいいでしょうか。
でこぼこしているのは日本種で粘質系だよ、との分類法もありますが、バターナッツやつるくびかぼちゃはツルっとしているし・・・。

3.好きなカボチャがあれば教えてください!

1、粉質とか粘質ってわかりにくいですよね。 僕はどっちとも西洋に当てはまると思っちゃいます。 ので、西洋は「栗かぼちゃ」って一括りにしています。ホクホクしてるから栗かぼちゃ。 東洋種は・・・「菊かぼちゃ」でどうでしょうか。
入ってったのが早かったから東洋種、遅かったから西洋種って言ってるんだと思いましたが・・・。

2、ヘタを見たらわかりますよ。西洋種はヘタがコルク化しますが東洋種はコルク化しないはずです。

3、今のところ東京かぼちゃって言われているものが好きです。
あとはスクナかぼちゃとか。 栗かぼちゃが好きです